私たちが生活の中で使用する鉄、コンクリート、モルタル、プラスチック、木材などの素材は、そのままの状態では水、熱、光、塩分といあった周囲の環境因子によってさびたり、もろくなったり、分解したりして、素材を損なうことになります。ところが、これらの素材に塗料を塗ると、その表面に丈夫な皮膜をつくって環境因子から保護し、さらに定期的な塗り替えや補修という比較的簡便な方法によって物を何倍にも長持ちさせることができ、省資源や環境保全にも役立つことになります。


生活環境のカラー化は、都市環境から、身のまわりのインテリアや自動車・鉄道車両・航空機の色彩設計などあらゆるものに及び、現代社会の強いニーズになっています。
塗料は、比較的容易な方法によって、豊かで多彩な色・つや・なめらかさなどの自由な仕上がり感を付与することができ、バラエティのある面白いデザイン効果を生み出すこともできます。たとえば、建築物内外壁の凹凸のある仕上げや多彩模様仕上げ、あるいは自動車のメタリック仕上げなどはその代表的なものです。
また、色やデザインを変えたい時には簡単に塗りかえることで、気分を一新できるのも塗料の大きな特徴です。


塗料は、保護と美観以外に特別な機能を与えることにより、物の価値を高めることができます。特別な機能を付与された塗料は、ハイテク技術分野を含む広い分野に適用され、品質向上、経済性(省力・省資源・省エネルギー)、快適性、安全性、環境保全などの面で新しい時代の流れに沿った社会のニーズに応えています。
生活様式の変化、科学技術の高度化・多様化、新素材の開発・普及などにともない、さらに新しい機能を持った塗料の出現が期待されています。