(2021.03.19)  緊急事態宣言解除後のリバウンド防止策について

東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県に出されていた緊急事態宣言が3月21日で解除されます。

 

しかしながら、緊急事態宣言が解除されると、社会の雰囲気として感染防止策が疎かになる懸念もあります。実際、昨年末には比較的若い年齢層を中心に忘年会等を通して急速な感染拡大に至ったことは記憶に新しいところです。

 

そこで、緊急事態宣言解除後に新型コロナウイルス感染症の感染再拡大(リバウンド)を生じさせないために、新型コロナウイルス感染症対策分科会から「緊急事態宣言解除後の地域におけるリバウンド防止策についての提言」が出されています。

 

その中で、リバウンド防止のために日常生活で実施すべきものとして

①「緊急事態宣言解除後地域における当面の間の会食の在り方」(別紙1)

②「緊急事態宣言解除後地域における当面の間の生活の在り方」(別紙2)

が示されていますので参考にしてください。

 

社会経済活動を継続しつつ、再度の感染拡大を防止し、重症者・死亡者の発生を可能な限り抑制するために皆さまのご協力をお願いいたします。

 

別紙1 緊急事態宣言解除後地域における当面の間の会食の在り方

別紙2 緊急事態宣言解除後地域における当面の間の生活の在り方